国保で受けられる給付は...

くらし

次に該当する場合は、国保の給付を受けることができます。

医療費の給付

病気やケガをして病院などにかかったとき、病院などの窓口で保険証等を提示すれば、年齢などに応じた自己負担割合(1~3割)で医療を受けることができます。

3歳未満
2割
3歳以上
70歳未満
3割
70歳以上
1割
(一定以上所得者は2割)※
70歳以上の一定以上所得とは、
課税所得が145万円以上です。
ただし、申請することにより
1割となる場合もあります。

いろいろな給付

  • 高額療養費の給付
  • 入院時の食事代(住民税非課税世帯は届出が必要)
  • 出産育児一時金の給付
  • 葬祭費の給付
  • 療養費の給付
    (やむを得ず保険証を持たずに治療を受けたとき)
    (コルセットの補装具代がかかったときなどで、医者が認めた場合)
  • 移送費の給付(申請して国保が必要と認めた場合)
  • 国保加入者が人間ドックを受ける際の助成

人間ドッグ受診費の助成について

東伊豆町では、疾病の早期発見、早期治療につとめていただくため、国保加入者で人間ドックを受診する方を対象に、助成事業を行っていますのでご活用ください。

対象者
国保税を完納している方
年齢が30歳から75歳未満の方(老人保健該当者を除く)
回 数
年度を通じて1人1回
助成額
受診費用から10,000円を控除した残額で、最高30,000円まで
申 請
受診日の2週間前までに人間ドック受診申請書を提出すること

※ 受診後の申請は、受け付けることができませんのでご注意ください。

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

健康づくり課国民保険係
TEL 0557-95-6304