入湯税について

くらし

入湯税とは

鉱泉浴場(温泉浴場)の入湯客に対して課税される税金のことで、納付された税金は温泉源の維持費、環境衛生施設費、消防施設費、観光振興費などに使われています。

徴収

入湯税は、温泉・鉱泉浴場の経営者等が利用者(入湯客)から徴収していただきます。(これを特別徴収といいます。)

税率

入湯客1日1人について150円

免除

以下の方に対しては入湯税が免除されます。

  1. 年齢が12歳未満の方
  2. 共同浴場または一般公衆浴場に入湯される方
  3. その他特に町長が必要と認める方

申告と納付

鉱泉浴場の経営者等は、経営を開始する前日までに「入湯税特別徴収義務者経営申告書」を東伊豆町に提出し、特別徴収義務者の指定を受けてください。特別徴収義務者となった鉱泉浴場の経営者は毎月25日までに、前月分の入湯客数等を申告していただくとともに、徴収した金額を納入していただきます。

申告書等ダウンロード

使い道

(平成29年度分) 単位:千円

区分金額
環境衛生施設の整備 55,000
消防施設等の整備 4,335
観光施設の整備 6,178
観光振興 53,822
119,335

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

税務課課税係
TEL 0557-95-6201